社長の本音 Blog

社長の本音 NO.130

皆様、明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。

 

15日から例年通り「初市」を実施致しましたが一昔前のような盛り上がりは年々なくなっているように感じます。実際の商談は成人式が終わってからという状況は例年通りです。

例年と違うのは「はれのひ」の一連の事件でエンドユーザーの皆様に多大なご迷惑をかけたニュースが毎日飛びかっている事です。業界の一人として本当に申し訳なく、残念に思います。

和装業界の中では比較的レンタルが好調ですが価格競争が年々厳しくなり、勝ち組、負け組の差が開いているように感じています。

 

12月の実績は昨年対比で売上111.3%、売上総利益92.7%、商品在庫109.2%、営業費102.8%という成績で終わりました。売上は、ほぼ予算達成しましたが、売上総利益は、動きの鈍い商品の処分を行った事から昨年実績を大きく下回りました。

4月から12月の通期では昨年対比で売上102.7%、売上総利益100.0%、営業費96.8%です。2ヶ月連続で売上総利益が昨年を下回り貯金を使い果たしてしまいました。営業費に関しては販売促進費が昨対で62.4%という事で催事の効率は少しずつ良くなっているように感じています。

 

さて新卒採用、中途採用共にここに来てハードルがかなり高くなっています。

いよいよ働き方改革が待ったなしと痛感しています。今期より、中期経営計画に業務戦略を付け加え働き方改革の第一歩を踏み出しました。残業ゼロ、休日出勤の見直しをはかりながら、すべての業務にムダ、ムリ、ロスがないかゼロベースで考え改革を進めてきましたが、まだまだ道半ばで結果が出ていません。

今年こそ、変化は成長へのチャンスであるという風土を作り、改革を加速して行きたいと思います

 

引き続きご指導、ご協力よろしくお願い致します。