社長の本音 Blog

社長の本音 NO.129

今年もあっという間に1ヶ月足らずと迫りました。

 

11月の実績は昨年対比で売上102.4%、売上総利益92.1%、商品在庫110.2%、営業費97.2%で特に利益で苦戦しました。昨年に一定の利益を確保出来た催事が今年はなく、それに代わる差額対策が不十分でした。

 

当社の第66期も3分の2が経過しました。4月から11月の通期実績は昨年対比で売上101.8%、売上総利益100.6%、営業費97.6%です。何とかぎりぎり昨年実績を上回っていますがちょっと油断をすると減収減益になりそうな状況です。

今期、後4ヶ月気を引き締めて進んで行きたいと思います。

 

また、今すべての業種業態で働き方改革が大きなテーマになっています、今まで遅い時間でも集荷が可能であった大手運送便が最終集荷を1730分までにして欲しいという要請が最近ありました。

また、新卒採用、中途採用共にここに来てハードルが高くなっています。いよいよ働き方改革が待ったなしと痛感しています。

 

今期より、中期経営計画に業務戦略を加え働き方改革の第一歩を踏み出しました。残業ゼロ、休日出勤の見直しをはかりながら、すべての業務にムダ、ムリ、ロスがないかをゼロベースで考え改革を進めてきましたが、まだまだ道半ばです。

変化は成長へのチャンスであるという風土を作り、改革を加速して行きたいと思います。

 

1122日に読売テレビの「BEAT~時代の鼓動~」の撮影を行いました。この番組は伝統産業に携わる関西のオンリーワン企業を紹介している番組で今回、当社を取り上げて頂きました。放映は年明けの121()午前1125分から1130分です。どのような内容なのか楽しみにしています。

 

引き続きご指導、ご協力よろしくお願い致します。