社長の本音 Blog

社長の本音 NO.146

68が始まりました。67期大苦戦した事を踏まえ今期は何としてもV字回復の年度となるよう危機感を持って進んで行きたいと決意しています。

4月の業績は昨年対比で売上100.1%、売上総利益103.7%、商品在庫96.9%、営業費118.7%で終わりました。今年は4月末よりロングランの大型連休に突入し月末の数字が4月にすべて計上出来ない事もあり、ある程度の苦戦を覚悟していましたが売上はほぼ作戦並み、売上総利益は昨年実績を上回る事が出来ました。

地域的には西日本が好調で東日本が苦戦、商品的には和装小物、和装製品が好調で呉服が苦戦しています。営業費に関しては当初の予定通り退職金の発生で昨年実績を大きく上回りました。

5月は当社のメインの消費者セール「葵の会」の数字が大きなウエイトを占めます。このイベントも今年で節目の20回を迎えました。

私が社長になる1年前にスタートしてこれまで色々な事がありましたが多くのお得意先、またお取引先の皆様が支えて頂き、ここまで継続する事が出来ました。

単なる数字作りだけではなくお得意先の皆様との信頼関係を深める事や社員の意識統一、また会社のレベルアップ、業界での知名度を高めるといった様々な目的を持って今後もこのイベントを継続して行きたいと思います。

5月より新しい元号「令和」が始まり日本全国で様々なイベントが実施されています。ゴールデンウィークも重なり明るいムードで世の中が盛り上がっている事は和装業界、洋装業界共に追い風になると感じています。

元号は「令和」、会社は「和光」また私の名前が「平和」ということで特に人の「和」を重視して風通しの良い組織作りに取り組んで参ります。

過日あるイベントで十二単衣と束帯のモデルをさせて頂きました。冷や汗ものです。

引き続きご指導、ご協力よろしくお願い致します。